本文へスキップ

お金がかからず手軽で楽しい車中泊を解説 オススメ車中泊グッズの紹介

ホーム > 車中泊の注意点

車中泊の注意点

車中泊を快適に過ごすには、少しだけ工夫が必要です。暑い(寒い)からといってエンジンをかけっぱなしにするのは経済的ではないですし、車にも良くありません。



ガソリンの給油は早めに

ガソリンの給油は早めに 車中泊の注意点
普段、街乗りで車を運転する方は、ガソリンの給油ランプ(エンプティーランプ)が付いてから給油・・・という方も多いと思います。しかし車中泊は、車での移動だけでなく、車で過ごす時間が多く、必要以上に燃料を使います。


田舎の観光地のガソリンスタンドの閉店時間は早く、ナビにいくらガソリンスタンドが多く表示されていても、オープンは翌朝の8時から・・・ということも。



ちなみに、給油ランプが点灯してからどれくらいの距離を走れるのか??ですが、目安として高速道路のSA(サービスエリア)間の距離は、最低でも走れるようになっているそうで、通常は40〜60kmくらいとのことです。意外と走れるんですね?


もちろん車によっても、高速か市街地かによっても燃費は変わるでしょうが、私の場合、最後の1メモリを切った段階でなるべく入れるようにしています。

ガソリンの給油はお早めに
楽しい車中泊の途中でガス欠なんて最悪ですよ〜。



24時間のロードサービスも付いたクレジットカード
ENEOSカード





エンジンは切るのが基本

暑くて(寒くて)辛い・・・という場合を除き、エンジンは切るのが基本です。


本格的な車中泊を楽しむなら、別途サブバッテリーを搭載し、エアコンを付けるなどすれば快適になるのは言うまでもありませんが、ちょっとの工夫でどなたでも快適に過ごすことが出来るようになります。

車中泊での暑さ寒さ対策



暑い日中

日陰を探す;

まずは日陰を探しましょう。日陰と日向では4℃くらい違うようですが、肌に太陽が当たる日向と日陰での体感はもっとあるように感じます。
車中泊での暑さ対策


また、地面がアスファルトとか、土かによっても温度が違うようで、照り返しのあるアスファルトよりは土のうえのほうが涼しいようです。


最強 冷え冷えセット


電源を使わずに3日間冷え冷えが持続するクラーボックス。樹脂製クーラーボックとは作りが違います。保冷剤とセットで


保冷能力は一般的な樹脂製クーラーボックスの”42倍”KRクールBOX 【オンリースタイル】



窓を開ける;

日陰を見つけたら車を止め窓を開けましょう。窓は一箇所ではなく、風の通りを考えて二箇所以上開けること。虫の侵入が心配な方は、車用の網戸(防虫ネット)を使うのがオススメ。さらに電池式蚊取りなどを点けておくと良いでしょう。
暑い夏にはこのようなを車用の網戸を両サイドに取り付ければ風が入って快適です 暑い夏にはこのようなを車用の網戸を両サイドに取り付ければ風が入って快適です
*車用の網戸を使う方も、防犯を考え窓の全開は避けましょう。

車用網戸

フロントウィンドウ用、リアウィンドウ用があります。
サイズに注意。


日陰であっても、暑さは窓から伝わるので、サンシェイドやタオル、出来れば遮光・断熱効果のあるカーテンを使うことでさらに快適になります。

突っ張り棒を利用し、遮光・断熱カーテンを取り付け サイドウィンドウに取り付けた遮光断熱カーテン
>>車にカーテンを取り付けてみよう



扇風機もあると便利;

車を日陰に停め、窓を開けても涼しくならない場合は扇風機がオススメ。扇風機を回すことで、室内の空気が循環し、かなり涼しくなります。

エンジンを止めた状態だと、電池式の扇風機という選択になると思いますが、電池式の扇風機はモーター音がうるさかったり、壊れやすかったりと使えるものがほとんどないので、ここは家庭用(100v)の小型扇風機を用意しましょう。

ポータブル電源を使えば、エンジン停止中も100vの扇風機も使えます。
PG-421SP に扇風機を繋いでみました

クリップ扇風機

ポータブル電源を探す

Anker PowerHouse (434Wh / 120,600mAh ポータブル電源)

Anker PowerHouseは、434Wh / 120,600mAhのポータブル電源。12Vシガーソケット、ACコンセント、4つの急速充電USBポート(PowerIQ対応)搭載。

スマートフォンなら約40回、ノートパソコンなら約15回のフル充電可能。またキャンピングライトであれば連続約100時間、ミニ冷蔵庫は連続約7時間、TVなら連続約4時間使用が可能です。





寒い日中

暑さに比べ、寒さ対策は比較的楽です。日中なら日向に止めれば真冬でも暖かいですし、服を着こめば暖かくなります。

車中泊での暑さ対策

最近はユニクロのヒートテック的なインナーが各社から発売されていますので、下に着込み、上は軽くて暖かいフリースやダウンジャケットを着て過ごすのがオススメ。


雨や曇りの日など、太陽光が期待できない時は、断熱効果のあるカーテンやサンシェイドも用意しておくと良いでしょう。車種別にデザインされたシェードはやはりカッコイイ!

オンリースタイル ブラインドシェード




車種別専用設計!ブラインドシェード 【オンリースタイル】



サブバッテリーやポータブル電源があれば、電気毛布に包まりながらポットで熱いコーヒーも飲めるので快適ですよ〜。




夜間

本格的に眠る夜間も、日中と大差はありませんが、防犯の意味も含め(窓の)目隠しは必須です。

車中泊の注意点

プロレスラーのような大男が寝ているのであればまず襲われることはありませんが、どんな人が寝ているのかが分かってしまうと、特に女性や子供などは襲われる危険性もないとは言えません。


カーテンなどの目隠しと、念のための防犯グッズは積んでおいたほうが良いでしょう。

オンリースタイル ブラインドシェード


車種別専用設計!ブラインドシェード 【オンリースタイル】


防犯(催涙)スプレー




冬の車中泊は一酸化炭素中毒に気をつけて;

冬には車中泊でスキーに行きたいという方も多いと思いますが、寒いからといってエンジンを掛けて寝てしまうのは非常に危険です。雪が車を覆ってしまうと、排気ガスが車内に充満し、一酸化炭素中毒死の可能性もあります。


冬場の車中泊は、とにかく着込んで、毛布と寝袋、車載用ポットがあればお湯を沸かして湯たんぽを寝袋に入れるのもオススメです。

寝袋を探す

*寝袋は暖かくて便利ですが、寝返りが打ちにくいので疲労感は翌朝結構残ります。広げると一枚の布団のようになる封筒型タイプの寝袋のほうが車中泊には向いているかもしれません。


サブバッテリーポータブル電源があれば電気毛布を使っても良いでしょう。

*マイコン制御の電気毛布など擬似正弦波インバーターでは使えない場合があります。
擬似正弦波インバーター INFONIX / PG-421SPで、電気毛布は使えるのか?



電気毛布

真冬の車中泊にあると便利な電気毛布。温度設定を上手にして、寒さを凌ぎましょう。



水循環マット



温度調節20〜48℃に設定可能な水循環マット。夏は涼しく冬は暖か!

*別途、AC電源インバーター/サブバッテリーが必要です。







221616.com【ガリバー】中古車検索プログラム 【中古車のガリバー】スマホで中古車購入


メニュー
トップページ

車中泊の魅力
車中泊の練習をしてみよう
車中泊グッズの紹介
車中泊にオススメの場所
車中泊の注意点
実際会った怖い話?
車中泊にオススメの車
車中泊に役立つサイト/アプリ
車中泊に役立つ本

車中泊の記録
神社への誘い
車中泊で行きたい日本の名所 DVD

リンク