本文へスキップ

お金がかからず手軽で楽しい車中泊を解説 オススメ車中泊グッズの紹介

ホーム > 災害に備える

災害に備える

車中泊セットは地震などの災害にも安心

車中泊とは文字通り、車中で寝泊まりすることです。宿の予約に縛られず、自由に旅行ができるのが利点ですが、車中泊用のセットを車に積んでおくだけで、地震などのいざというときの災害にも対応できます

車中泊の魅力

311の東北大震災や、熊本地震でも車内で過ごした方が多かったと聞きますので、是非車中泊セットを一通り揃えて車内に常備しておきましょう。




必要なものをまとめてみました





ポータブル電源

簡単な車中泊にはサブバッテリーのような大げさな装置は必要ありませんが、災害などの非常時にはポータブル電源でもそれなりの性能をもったものが必要です。

最近はソーラー充電の性能が上がってきているので、セットで購入しておいたほうが良いかもせいれませんね。

おすすめはJackery ポータブル電源 1000

Jackery ポータブル電源


Jackery ポータブル電源 1000 セットは、超大容量の278400mAh/1002Whを誇るポータブル電源です。インバーターには家庭用100Vと同じ波形の純正弦波を採用。

Jackery SolarSaga 100を使用することで、太陽光を利用してエコに充電することも可能です。

電池には小型で長寿命のリチウムイオン電池を採用しています。

充電時間:
コンセント約7.5時間
シガーソケット約14時間
100Wソーラーパネル*2枚約10時間(天気次第)
100Wソーラーパネル*1枚約17時間(天気次第)  


posted with カエレバ



その他 ポータブル電源を探す

>>その他インバーター/バッテリー


関連リンク:





懐中電灯

部屋を照らすランタンと、遠くを照らす懐中電灯。両方揃えたいですね。


電池がどれでもライト BF-BM10

単1形~単4形の電池のうち、どれか1本あれば点灯可能なLEDライト。ランタンとしても使用可能。非常時にもオススメ。

電池がどれでもライト BF-BM10 レビュー


電池がどっちかライト BF-BM01P

こちらは単3、単4電池1本で点灯可能なLEDライト。ランタンとしても使用可能。缶コーヒーサイズ。非常時にも役立ちますね。


その他;LED 懐中電灯

その他;電池式ランタンを探す






ニッケル水素電池&充電器

乾電池を動力とする機器は非常時にも便利です。なかでも繰り返し使えるエネループなどの充電式の乾電池をストックしておくと便利です。


100V電源を使えるポータブル電源やインバーターがあれば車内で充電も出来ます。


エネループ

その他ニッケル水素充電池を探す



電池スペーサー

単3など小さなサイズの電池を単2など大きな電池に変換するスペーサー。




車載用ポット

12Vのシガーソケットでお湯が沸かせる車載用ポット。お湯が沸かせれば温かいお茶やコーヒーを飲んで体を暖めることができますし、保存食でもあるカップ麺やパスタ等も食べられます。真冬の車中泊には(寝袋に)湯たんぽもオススメです。


自動車用・湯温自在ポット ワクヨさん


どこでも沸かせるポット アルポット

こちらはアルコールで沸かすポット。

特徴
沸かす、煮る炊くがこれ1台でできる!
800ccの水を約15分~20分で沸かせる!
1度に2合のご飯が炊ける!
ラーメンや赤ちゃんのミルクも作れる!
強風下でも外気温0でも使用可。屋内や車内でも使用OK!


その他車載用ポット



車載用炊飯器

お米も長期保存ができるので、非常時の食料にもオススメです。

こちらは12V電源でご飯が炊ける炊飯器

自動車・船舶用炊飯器「タケルくん」 1.5合

シガーソケットに指すだけで1.5合のご飯が炊ける炊飯器。12V車用、24V車用があります。

?正弦波のDC/ACインバーターの選び方とレビュー~果たして美味しいご飯は炊けるのか


コンロ

非常時には電気、ガスが止まる恐れもあるので、カセットコンロも用意しておきましょう。コンロとカセットガスを常備しておけば煮炊きができますので安心です。


カセットコンロ



カセットガス

*炎天下の車内での保管は危険です




携帯用ラジオ

災害情報を知る身近なツールは携帯ラジオ。 radikoなどスマホで聴けるアプリも便利ですが、携帯の基地局がやられてしまうと使えません。小さなもので良いので用意しておきましょう。


電池つかわずに使える、手回し充電に対応したものであればさらに安心。

ダイナモラジオ/ライト

手回し充電対応のラジオ/ライトは車中泊はもちろん、非常時にも役立つこと間違い無し。


その他;携帯ラジオを探す





寝袋/毛布 車中泊用マット

車中泊には毛布と寝袋は必須です。広げると一枚の布団のようになる封筒型タイプの寝袋のほうが用途が広くオススメです。


寝袋


毛布

車内で使う毛布は、防ダニ加工してあるのオススメ。

オンリースタイル 車中泊専用マット


座席がフルフラットにならない車の場合、厚みのあるマットがオススメです。オンリースタイル車中泊専用マットは厚み10cm、バルブを開くと自然に膨らむ仕様です。


車中泊専用マット 【オンリースタイル】

車中泊用マットレス


サイズはシングルからダブルまで色々。



カーテン/サンシェード

冬は防寒、夏は断熱効果も期待できるカーテン/サンシェード(日除け)。車内の様子が丸見えよりは、誰が寝ているかわからない方が防犯上も良いと思います。


オンリースタイル ブラインドシェード


車種別に用意されたシェードはやはりカッコイイ!


車種別専用設計!ブラインドシェード 【オンリースタイル】



>>車にカーテンを取り付けてみよう






日用品

バロクック

火を使わずに飲料や食品を加熱できるバロクック。容器はインスタントラーメンや、お弁当などの加熱調理に便利なレクタンギュラーL、レクタンギュラーM、飲み物の加熱に最適なバロクック・カフェ、かさばらないバロクック・ポーチはレトルト食品の加熱に便利。



バロクック ヒートパック(発熱剤)

ヒートパックとは、使い捨てカイロほどの発熱剤。主成分は生石灰で、生石灰が水と反応し発熱する仕組み。発熱に用いる水は水道水はもちろん、川の水でもOK。



魔法瓶 水筒

お湯をその都度沸かすのは効率が悪いです。水筒があればお湯やお茶の保温に便利です。



除菌アルコールタオル

手や体を拭いたり、食器を拭いたり、除菌アルコールタオルは積んでおくと便利です。



突っ張り棒

積んでおくと便利な突っ張り棒。カーテンレールとして利用したり、何本か使えば棚にもなりますし、洋服だって掛けられます。



携帯トイレ

車中泊で困るのはトイレです。特に非常時はトイレが使えないことが多いと思われますので、用意しておくと便利です。使用後は一般ごみとして捨てられるのもありがたい。


ハンディトワレ



保温シート

厚手のものは敷いて良し、掛けて良し、加工して窓に付ければ目隠しにもなります。薄手のアルミシートも体を覆うとかなり暖かいです。



食品/食料

水を長く保たせるにはペットボトルに直接口をつけて飲まないこと。口をつけると雑菌が繁殖しやすくなり水の痛みも早くなります。

コーヒーやお茶を飲むなら500ml、調理用なら2Lなど用途に応じて用意しておくと良いでしょう。箱買いならお得です。賞味期限に注意し、古くなる前に消費/交換しましょう。




カップラーメン

カップ麺は本当に便利です。ラーメン、うどん、そば、焼きそばにパスタ、、、倉庫代わりに車に積んでおくといざというときに便利。もちろん賞味期限に注意し、古くなる前に消費/交換しましょう。



パスタ

カップラーメン同様、簡単にできて美味しいパスタも車中泊の必需品。カセット式のガスコンロ(換気、火事に注意)や車載ポットがあれば簡単に作れます。パスタソースの種類も多く飽きずに食べられます。


パスタソース




救急キット

包帯や絆創膏、ハサミ、ピッセットなと災害時の応急処置に役立つ救急キット。車に積んでおきたいですね。

救急キット





防災ブック ( Kindle版 )

災害時に慌てないように、防災ブック(東京防災)をスマホやタブレットに入れておきましょう。東京防災は東京都が発行している本ですが、お役立ち情報が沢山書かれていてオススメです。Kindle版は無料というのもありがたい。

東京防災 ( Kindle版 )

東京防災Kindle版









221616.com【ガリバー】中古車検索プログラム 【中古車のガリバー】スマホで中古車購入